在宅医療

在宅介護のイメージ

当院ではより深い地域医療への貢献を目指し、在宅医療にも力を入れております。

急性期を過ぎて病状がある程度安定し、退院後患者様やご家族がご自宅での療養をお望みの場合は、ほとんどの症例や疾患において在宅での医療・緩和ケアが可能です。
患者様やご家族が不安なく安心した在宅医療が出来るように、院長による定期的な訪問診療に加え、訪問看護ステーションや他の医療機関等と連携し、サポートさせていただきます。 どうぞご相談下さい。

訪問エリアについて

訪問エリア

当院では習志野市内全域にご訪問させて頂く他、当院より直線距離で約8キロ以内(車で約15分までの距離)であれば、ご相談をお受けしております。

訪問までの流れ

1.お問い合わせ・ご相談

まずはお気軽にお電話下さい。 TEL:047‐473‐1510
現在の病状や療養に関する今後のご希望などを、分かる範囲で結構ですので、お聞かせ下さい。
尚、事前に医療機関からの紹介状をご用意頂けますとスムーズです。
※この時点で訪問日時をご相談させて頂き、お約束の日時に伺うこととなります。

2.お打ち合わせ

ご自宅や現在の入院先などでお打ち合わせさせて頂きます。
尚、お打ち合わせ先の地域によってはお断りする場合もございますので、予めご了承下さい。

3.療法の調整・ケアチームの編成・療養環境の整備

現在の病状や今後のご希望に合わせた最適のプランをご提案するとともに、療養環境の整備についてもお手伝い致します。

4.ご訪問開始

退院直後の患者様や、自宅療養開始当初の不安な時期は訪問頻度を増やすなどの対応も可能ですので、お気軽にご相談下さい。

5.生活改善に合わせた療法の調整

生活の維持改善が図れた場合、改善された生活機能に合わせた療法の調整を行って参ります。

訪問時に受けられる診療

医師による診療に加え、血液検査、尿検査、心電図などの検査を随時行うことが可能です。
また、静脈注射、点滴、高カロリー輸液(IVH)、経鼻栄養、胃瘻管理、膀胱留置カテーテル管理、在宅酸素、人工呼吸器管理、褥瘡(床ずれ)などの処置も行います。

生活環境に合わせて療法を調整し、日常生活を継続しながら、迅速な初期治療が可能です。
また、癌などの痛みにも、緩和医療に精通した医師が症状変化に応じて対応致します。

ページトップへ