禁煙外来

タバコは健康に悪いのは分かっているし、家族からも禁煙を勧められる、
吸える場所も年々減ってきて肩身も狭い・・・
ではなぜ、禁煙できないのでしょうか?

タバコを吸うとスッキリする それはニコチン切れの症状かもしれません

喫煙のイメージ

タバコを吸った時に、イライラや落ち着かない感じが治まっていく感覚を、喫煙される方なら誰でも味わったことがあるのではないでしょうか。
ストレスの多い社会で生活するには、イライラを解消できるタバコは欠かせないと考える方も多いでしょう。 しかし、それは本当でしょうか?

タバコを吸い終わって1時間もしないうちに血液中のニコチンが減り、イライラや落ち着かないなどのニコチン切れ症状が現れます。
仕事や家庭のストレスが原因と思っているイライラの正体は、実はタバコを吸っているが故に生じているニコチン切れ(禁断症状)である可能性が高いのです。

タバコがやらめれない ニコチン依存症は怖い状況です

喫煙のイメージ

タバコを吸うと、ニコチンが数秒で脳に達し、快感を生じさせる物質(ドーパミン)を放出させます。
ドーパミンが放出されると、快感を味わいます。同時に、またもう一度タバコを吸いたいという欲求が生じます。

そのため、次の1本を吸って再び快感を得ても更に次の1本が欲しくなるという悪循環に陥ります。この状態が喫煙の習慣=ニコチン依存症です。タバコの煙に含まれているニコチンは、麻薬にも劣らない強い依存性を持つからです。
タバコは、一般的に知られているように、胃がん、肺がん、食道がん、喉頭がんなどや、慢性気管支炎、肺気腫などの慢性呼吸器疾患、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、不整脈といった循環器疾患を引き起こす要因となります。また同居するご家族にも病気を引き起こします(お子様の喘息・気管支炎・中耳炎・奥さまの肺がんなど)。

しかしタバコは、ニコチンの作用による脳や身体への快感(身体的依存)だけでなく、ほっとする、間がもつ、すっきりするといった気持ちの上での依存(心理的依存)が重なっているため、ご自身の意思の力だけではなかなかやめることができません。

健康保険等で受けられる禁煙治療

禁煙治療は、2006年より健康保険等が適用され、患者様の負担も軽くなりました。その上で、禁煙治療を健康保険等で受けるためには一定の要件があり、1回目の診察で医師が確認することとなっています。
尚、要件を満たさない場合でも、自由診療で禁煙治療を受けることができます。

健康保険等で禁煙治療を受けるための要件

  • ニコチン依存性を診断するテスト(TDS)で5点以上
  • 35歳以上の方は1日の喫煙本数X喫煙年数が200以上、35歳未満の方は特に制限はありません。
  • 禁煙したいと思っている
  • 医師から受けた禁煙治療の説明に同意
    説明内容に納得されたときは、文書で同意します(サイン等)。

ニコチン依存性を診断するテスト(TDS)

はい 1点 5点以上は“ニコチン依存症”です。
いいえ 0点
  • 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
  • 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
  • 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコが欲しくて欲しくてたまらなくなることがありましたか。
  • 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
  • 「4」でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
  • 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
  • タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
  • タバコのために自分に精神的問題(注)が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
  • 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
  • タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

(注)禁煙や本数を減らしたときに出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態。

当院では、ニコチンが脳神経に作用するのを止めて中毒症状を緩和するお薬(チャンピックス)や、かかりつけ医としての生活指導などを駆使した禁煙のお手伝いをしております。
タバコをやめたいけれど一人では自信がない、今度こそ禁煙を成功させたいとお考えの方は、まずはお気軽にご相談にお越し下さい。

ページトップへ